ジェルネイル セルフ

爪が弱い人でも使えるジェルネイル!

爪が弱い人は、セルフでジェルネイルして大丈夫なのかしら・・・?
とセルフジェルネイルに踏み出せないでいる人がいます。
ネイルサロンで使用されているジェルであれば、質のよいジェルの可能性が高く安心できるけど、自分で通販したジェルネイルはどうなんだろう・・・?ジェルの知識もないだけに、心配してしまうものですよね。もし質の悪いジェルだったら、爪が痛んでしまいますものね・・・。

 

また、爪が弱い人だけでなく「本当に自分できれいに仕上げられるのかしら?」心配・・・という声も多くあります。

 

でも安心してください。
不器用で飽きっぽい私でも、セルフでジェルネイルを楽しんでいますよ〜
主婦業と子育て中の私ですが、爪は元気なままです。

 

ちょっとした不安でセルフジェルネイルを迷っている方のために、
私が実際に使ってみて良かったジェルネイルを紹介していきます。
当サイトで紹介しているジェルネイルは、爪に優しい優秀なジェルばかり!!

 

水仕事で乾燥しまくっているボロボロに近い私の爪に使用しても、
爪が痛んでしまうことはありません。正直、ネイルサロンと同じ仕上がり、同じ使用感です。
ジェルネイルは爪を保護してくれる役割もあるのです。
爪が弱いという人、家事などので爪のケアができていない人は、ジェルネイルで自爪を守ってあげましょう!
そして爪のおしゃれを楽しみましょうー!

 

セルフジェルネイルの優秀なところは、爪の保護になるということだけではありません!

 

サロンよりも格安でできる
サロンよりも時間が短縮できる
好みのデザインにできる

 

というおいしいメリットもありますよ〜

 

私が自信を持っておすすめする
ジェルネイルの質が良くて、仕上がりのツヤ感もよく、爪を痛めないセルフジェルネイルのおすすめをご紹介します。

 

 


ジェリーネイル JELLYNAIL

 

 


初心者におすすめのセルフジェルネイルのキットです。
面倒なことが苦手・・・という人でも簡単な行程でプロ並の仕上がりになるという優秀なジェルネイルです。
ジェリーネイルは初心者用に開発をされているので、難しいといわれている爪を削るという下処理の必要もなく、面倒な未硬化ジェルの拭き取りも不要という
行程が簡略化された活気的なジェルネイル。
このセルフジェルネイルの手軽さは、ジェリーネイルだけ!しかも、ジェルの質も良いので仕上がりもきれいです。コスパも最高!
持ちもよくて、「もう手放せない!」という人が続出。
ポータブルサイズのLEDライトなので、外出中の空いてる時間でもセルフジェルネイルが出来ちゃいます。

 

価格

スターターキット 9,505円(10,265円税込)

評価

★★★★★  初心者向けキット

特典など

カラージェル2個付き

 

 

 


ソルースジェル Soluz Gel

 

 


ソルースジェルキット

自宅で簡単にできる本格的なジェルネイルキット
ソルースジェルの魅力です。
今年登場した商品なだけあって、キットのアイテム、使い勝手の良さ、発色のよさ、コスパに長けていて良いとこ取りのキットという感じ!
マニキュアのように塗れるポリッシュタイプのジェルなので、
不器用な人でも上手に塗れちゃいます。キットのアイテム全てが、
キュートなボックスに収められるようになっているので、
収納までも考えられていて、まさに至れり尽くせり大注目のジェルネイルキットです。

 

価格

ジェルネイルキットBasic 13,824円(税込)

評価

★★★★★  最新のジェルネイルキットです

特典など

カラージェル5本もプレゼント中

 

 

 


シャイニージェル SHINYGEL

 

 

 

 

ジェルネイルの検定で使用されている、れっきとしたプロ用の製品です。
プロからも注目されているワケは、純国産にこだわったジェルなので
安心して使用できるという点、ソフトタイプのジェルなのに強度を持ち合わせて
いるという点です。ジェルの表面にキズが付きにくいので、
美しいツヤを保ったジェルネイルをキープできます
プロも採用しているLEDライトは、紫外線に強く変色や劣化が起こりにくい高品質
なもの。本格派好みの人から愛されているジェルネイルです。

 

価格

限定プロキット 22,000円(税抜)

評価

★★★★  初めてさんからプロまで対応のキット

特典など

カラージェル3つにHOW TO DVD付き

 

美しくジェルネイルを仕上げるコツ。

ジェルネイルをキレイに仕上げるためには、ちょっとしたコツがあります。
プチ手間なのですが、ちょっと手をかけるだけで見た目の美しさや持ちにも影響します。
文章で見ると、ちょっと面倒くさい・・・って思ってしまうかもしれませんが、
少しでも長持ちしてくれた方が自分の手間が省けますよね?
キレイをキープするために、頑張ってやってしまいましょう!

 

 

ジェルネイルを塗る前編

 

@ ハンドソープでよく手を洗います。

 

A 手と指の消毒をします。消毒用のエタノールをコットンに含ませて、手の甲から手のひら、指の間、指先、爪の消毒をします。

 

Bエメリーボードで爪の長さと形を整えます。

 

Cウッドスティックにコットンを巻き付けて、甘皮をちょっと押して(プッシュアップ)、ルーススキンの除去をします。

 

D消毒用エタノールを含ませたコットンで、爪の油分、水分や汚れを丁寧に拭き取ります。油分や水分が付いたままジェルネイルをすると、ジェルが爪から浮きやすくなってしまいます。

 

これで下準備のプチ手間完成です。
この行程を行ってからジェルネイルをすると、見違えるほど、仕上がりが変わります!
なによりも、持ちがよくなるので3週間近くキープできちゃったこともあります!

 

爪のお手入れ編

 

ジェルネイルをキレイに仕上げるには、土台にも気を配ってあげましょう。
土台、つまり自爪のケアのことです。

 

爪が弱い・・・という人は以外と多いものです。ちょっとした刺激で爪がかけちゃう人や、
2枚爪になっている人もいます。
爪の調子が悪いと、悪化を恐れてなかなかジェリーネイルを楽しめなかったりしてしまいます。
そういう場合には、日々のケアを心がけていきましょう。

 

爪は、お肌と同じように乾燥にやられてしまいます
女性は、朝起きてから顔を洗い、化粧をしてまた手を洗い、何かクリームを塗っては
手を洗います。
気がつくと一日の中で、何度も手を洗っています。その度に、保湿をしていますか?
強い爪にするためには、爪の根元部分を保湿してあげることが大切です
根元部分が乾燥している状態でいると、水分の足りない爪が生えてきてしまい、
割れやすい爪になってしまったりトラブルを起こしやすい弱い爪になってしまいます。
自爪の時でも、ジェルネイルを施している時でも、甘皮部分を中心にキューティクルオイルを
塗ってあげましょう。オイルを塗る時間のない時は、ハンドクリームでも代用できます。
爪から指先、手のこうや手のひらまで マッサージするように、オイルやクリームをすりこんでおきましょう。
家事の後の手は、最も水分が奪われてしまっている状態です。
目のつくところにクリームを置くなどして、保湿をする習慣を身につけましょう

 

毎日の心がけで、爪はどんどん丈夫になってくれます。
強くて健康な爪であれば、よりジェルネイルの仕上がりが美しくなります。地道な努力も大切なポイントです!

セルフだから面白い!

セルフジェルネイルは、私には無理・・・!
って思っている人もいますよね。
実はセルフジェルネイルは、
マニュキュアと同じ感覚でネイルを楽しむことができます
一見難しそうに見えますが、
高度なネイルアートを挑戦したりしなければ簡単です。

 

初心者のころは、初心者なりのアートを楽しみ、
スキルアップしてから難しいネイルアートに挑戦していくとよいですよ。

 

 

最初からネイルサロンのプロにやってもらったようなキレイな仕上がりになるかというと・・・
そうではないかもしれません。
ちょっとはみ出してしまったりすることがあります。

 

ジェルネイルを上手に仕上げるためのコツがあります
購入したセルフジェルネイルを上手に使うために、誰でも実行できるポイントをお話していきます。

 

甘皮の処理をきちんとしておくと、仕上がりがきれいになる

 

はみ出したジェルは硬化する前に拭き取っておく

 

爪の汚れを拭き取ってからジェルを塗ると仕上がりがきれいになる

 

爪のサイドはジェルが貯まりやすく厚塗りになりやすいので、筆を立てて塗るとよい

 

爪の先の方からはがれてくるので、爪先端の断面部分までしっかりと塗っておく

 

ジェルを塗ったらすぐにライトを当てて硬化するとよれない

 

上記の基本をしっかりと押さえておくと、本当に仕上がりが違います。ぜひお試しくださいね。

 

ネイルアートは、初心者の人であればフレンチネイルを楽しむとよいでしょう
色の組み合わせで遊んだり、ストーンを乗せたりするだけでプロっぽい仕上がりに見えます。
最初、右利きの人が左手で右手のネイルをするのが慣れないかもしれません。
実際私も直線に塗るのも、ぷるぷるしていました(笑)。
それも数回こなすと慣れてきましたよ。
マニュキュアと同じように考えればよいのですが、どうも緊張しちゃうんですよね。
ジェルネイルは、デザインをやり直すことができます
気軽にやり直しができるのもジェルネイルの魅力です。

 

カラージェルが2つもあれば、いろんなネイルアートをすることができます
フレンチネイル、2色でのフレンチ、
ドット柄、チェック柄、ボーダー柄などたいていのアートは作れます。
基本のアートに慣れてきたら、ちょっと難しいアートにも挑戦してみましょう。
私は、通勤電車の中で人のネイルをチェックして、次のネイルアートを考えるのが日課です。人のネイルに注目してみると、とっても楽しい通勤時間になりますよ。

 

派手なネイル禁止の職場の人は、
爪を強化するためにクリスタルジェルだけを塗って爪にツヤを出すだけにしている人もいます。
1色塗りだけのジェルネイルでも、マニュキュアよりもツヤ感が出るので素敵に見えます。

 

また、初心者の人はスターターキットを購入することをおすすめします。
ジェルネイルを始めるのに必要なものが全て揃っていますよ!
初心者向けのスターターキットなら、なおのことおススメです。

 

こんな面白い動画見付けました!
初めてジェルネイルセルフを塗って完成させるまで動画なんですが、
トーク付きなので具体的なジェルネイルの手順がわかりやすいし、
やりながらコツをつかんで完成させるプロセスが面白い★

 

 

 

マニュキュアとの違い

完全に世代交代したネイル事情。
一昔前まではマニキュアが主流でしたが、
今はジェルネイルが主流です。
まめ知識として、ジェルネイルとマニキュアの違いについてお話していきます。

 

ジェルネイルのメリットはというと、持ちがい良いという点です。
一般的には3週間前後持ちます。
強度もあるので、日常生活で爪に神経をすり減らす必要はありません。
見た目のツヤ感もあって、どんなコンディションの爪であっても、
キレイに仕上がります。
セルフジェルネイルのキットでは、持ち運べる軽量でコンパクトなLEDライト
になっているので、外出先でパパッとジェルネイルを施術することも可能です。
特に臭いもしないので、周りの目を気にせずにネイルできるので便利です。

 

ジェルネイルのデメリットは、オフするのに時間がかかるという点です。しっかりオフをしてからでないと、
新しいネイルが施術できないので時間がかかります。
オフにかかる時間は人によってまちまちですが、平均すると30分近くかかっています。

 

一方のマニキュアのメリットは、
オフするのに除光液で拭き取るだけなので、簡単にオフできるという点です。
5分もあれば両手のオフが完了します。
他に・・・特にメリットになるようなものが見当たらないのですが、、、
デメリットでは持ちが悪いという点が最大のデメリットです。
また、マニキュアを塗った後完全に乾くまでにとても時間がかかります。
乾くまでの間は、ひたすらじーっとしていなければいけません。
半乾きの状態の時に、爪に何かが当たってしまったら、すぐに削れてしまい仕上がりが台無しになってしまいます。
マニキュアを塗っていたとしても爪の強度が強くなるわけではないので、常に爪のケアをする必要があります。
手間がかか るわりには、ツヤ感がなく自爪の健康状態が出てしまうので、
見た目の美しさに欠けてしまうというデメリットもありました。
マニキュアを塗っている時に臭いがきつく、外出先で施術をすることは不可能です。

 

 

施術の仕方
ジェルネイルは、塗ったらLEDライトを当てて硬化していきます。硬化するのに、数十秒しかかからないのであっというまです。硬化してしまえばよれることがないので扱いやすく、ネイルアートもしやすいので不器用な人でも簡単にできます。
マニキュアは、塗って自然に乾かくのを待ちます。乾くのに時間がかかり、重ね塗りをしていると1時間近くかかることもあります。筆の使い方が見た目に影響してしまうこともあるため、上手い下手がはっきりしてしまうのがマニキュアです。

 

見た目の違い
ジェルネイルは、表面がつやつやするのが特徴です。セルフジェルネイルでも仕上がりがプロっぽくなります。
マニキュアの場合は、自爪の色や表面のデコボコが表面に影響するので、ツルンとした仕上がりになることがないので、見た目のキレイさはジェルネイルにはかないません。

 

におい
ジェルネイルでは、においはほとんどありません。そのため、気を遣いことなく部屋の中でも外出先でも施術することができます。
マニキュアの場合は、どうしてもにおいが強くきついので、換気が必要になり気を遣いながら施術をする必要があります。

 

持ち
ジェルネイルは、耐久性がよいのも人気の理由です。だいたい3週間近くきれいな状態をキープすることができます。
マニキュアの場合は、耐久性が悪く、水に弱いので、水仕事が多い人などは3日後にははがれてしまうこともあります。

 

オフ
ジェルネイルの唯一の欠点になるのが、オフに時間がかかるという点です。爪の表面を削って、リムーバーを爪に置いて、アルミホイルで包んで放置してオフするので、30分はかかります。慣れてしまえば、たいしたことないのですが、ささっと拭き取るという行程ではないのでオフは時間がかかってしまいます。
マニキュアの場合は、除光液で拭き取るだけなのでとても簡単にできます。

 

爪への負担
爪が薄くて弱いという人がマニキュアを塗ると、てきめん爪がボロボロになります。二枚爪になったり、それが原因でマニキュアがはがれてしまいます。除光液による爪の負担が大きいそうです。でも爪の弱い人がジェルネイルに変えると、ジェルネイルで爪が守られるために二枚爪などが改善されるケースが多いそうです。ジェルネイルは、爪を伸ばさなくても施術できるため、どんな爪の人でも楽しめるのが魅力です。

 

<参考サイト ジェルネイルキット